FC2ブログ

プロテック株式会社 Blog

プロテック社員が綴る日々の出来事やお知らせ

WindowsUpdateについて

開発課 松下です。

さて、今回はWindowsについて話をしていこうと思います。
決してMicrosoftの回し者ではありません(^^;)

5月に入り、新元号の令和が施行されました。
新元号の対応するWindowsUpdateがいつ来るのか…と4月はずっとヤキモキしていました。
皆さんの使用しているパソコンではWindowsUpdate、お済みでしょうか?
もしされていない様であれば忘れずにWindowsUpdateを行ってくださいね。
WindowsUpdate自体、月例アップデートが必ずありますのでこちらのスケジュールを確認しておくと便利かと思います。

Windows7が来年2020年1月14日でサポートが切れる事もあり、まだWindows10へ移行されていない方は
移行準備をされている最中かと思います。
移行する際は思っているより時間がかかることが多いので、
サポートが切れる前に余裕をもって移行されることをお勧めします。
(サーバOSのWindows Server 2008、2008R2も同様です)

またサーバのハード関係もOSのサポート切れに合わせて入れ替える事が多い為か
Intel側のCPUの欠品が多く、製造が間に合っていないという話も聞いていますので
サーバの導入を検討している場合はハード業者様へ早めに確認をした方が良いと思います。


Windowsの歴史を遡ると古く
Windows3.1 → 95 → 98 → 2000(ME) → XP → Vista → 7 → 8 → 8.1 → 10 と
Windows自体がかなり長いOSになっています。

Windows10も2015年7月にリリースされ、約4年経過しています。
それなりに年数も経過すると、今迄「Windows 〇〇」といった新しいバージョンが出るたびに
〇〇の名称が変わってきた事を考えると、Windows10 の次はWindows11やWindows12??と思う方もいらっしゃると思いますが
Windows10以降の次期OSはMicrosoftの気が変わらない限り、今の所リリースされる事はありません。
(Windows10が最後のWindowsOSと呼ばれています)

では、今後のOSはどうなるのか?という疑問が出てくるかと思いますが、
Windows10は、「バージョン」という管理方法に変わっています。

その為、半年に1回、大きなWindowsUpdateが行われ、このWindowsUpdateを適用するとバージョンが上がっていきます。
2019/05/21現在の最新バージョンは 「Windows10 バージョン1809」となります。
恐らく、5月末か6月初旬には大きなWindowsUpdateがあり、「Windows10 バージョン 1903」となります。


[ Windows10 バージョンの確認方法 ]
windowsupdate-01.png
左下の「Windowsマーク」をクリックします。

windowsupdate-02.png
Windowsの設定画面から「システム」をクリックします。

windowsupdate-03.png
設定画面の左側にある「バージョン情報」をクリックし、右側を下にスクロールすると「バージョン情報」が表示されます。

Windows10のバージョンにもサポート期限というものが存在しており、
きちんとWindowsUpdateをしていないとサポート対象外となる恐れがありますのでご注意ください。


スマートフォンを使用している方であれば、スマートフォンのアプリをイメージしていただくとわかりやすいと思います。
スマートフォンのOSがアップデートされた場合、アプリ側もOSのアップデートに合わせてアップデートします。
OSが新しいバージョンで、アプリが古いままでは使用出来ません。

その為、今後はきちんとWindowsUpdateをしていかないと、古いバージョンではサポートされなくなり、
弊社のソフトに限らず、他のソフトも動作しなくなる可能性もあります。
WindowsUpdateや各ソフトウェアのアップデートは忘れずに行うよう、ご注意ください。

もしWindowsUpdateがうまく出来ないケースがある場合には、今後長く使用する事になると思いますので
一度ハード業者様に見ていただく事をお勧めします。


スポンサーサイト

FC2Ad